旅好きがおすすめする、海外で一人旅するならどこ?

ABOUTこの記事をかいた人

Reo

シンガポール在住。普段は人を美しくする仕事をしています。でも自分が美しく健康でいる事、旅をする事、何よりも美味しいものを食べる事を最優先にして、ゆるく楽しい海外生活を送っています。 旅するランナーと呼ばれたいが為に、年に数回旅先でフルマラソンを走る。 走る事はそんなに好きじゃない旅するランナー。 ↓↓もっと詳しい話はWebSiteへ↓↓

旅好きがおすすめする、海外で一人旅するならどこ?

旅好き女子Reoです。このタイトルを見て

「色んな所を一人旅して来た人のブログ参考になるわぁ〜」
って思ったあなた!大間違いです!(え?)

私、沢山の国を旅して来ましたが…
一人旅はほとんど経験がありません!
一人で行ったのはカナダとカンボジアだけです。ごめんなさい!

 


カナダ

カナダは2週間のホームステイだったので一人旅という雰囲気ではなく

まだ10代の学生だった私を、ホームステイ先の家族が色々な場所に連れて行ってくれたり
向こうでできた語学学校の友達と出かけたり…
国籍の違う英語もほとんど出来ない学生同士が一生懸命コミュニケーションをとって過ごした経験は一人旅と同じかもしれません。


カンボジア

そしてカンボジアは日本にいた時に一人でツアーに参加したんですが

同じツアーの人達と仲良くなったりして、良い出会いがあるかな?友達できるかなー?
と期待して行ったら…
なんと、空港に迎えに来てくれた送迎ガイドと私の二人だけのツアーだったんです!(笑)
ずっと自由行動。アンコールワットを見に行くオプショナルツアーだけ他の日本人もいました。
望んで一人旅したわけではなく予期せぬ形で一人旅になった。という感じ…

でもカナダもカンボジアも、どちらもすごく良い思い出でなのでこの話もまたブログにしたいと思います!

最近の私の旅はというと…
大体旅先で誰かと合流します。

だって一人で行くと寂しいんだもん!(正直!)

私があまり一人旅に出ない理由…

・旅の1番の楽しみである「食事」をシェアできないから。
・感動をその場で誰かに伝えられないから。

ただそれだけの理由です。

でも一人旅の魅力ももちろん知っています!

一人旅の魅力 

一人旅はなんといっても自由!
気の向くままに、一人の時間を好きな様に使う。それはとても贅沢な時間だと思いませんか?
日常の全てから離れる、仕事、友達、家族、日本、自分を取り巻く全て切り離し、
誰にも縛られない自分だけの時間がそこにはあります。

何も知らない異国の地で新しい文化に触れる旅。
五感をフル活用して過ごす…新しい自分にも出会える旅。
一人旅とは発見の旅なのです。

自分で書いてて行きたくなってきました。
ええこと言うやん私。(笑)

そう、この裏のタイトルは

旅慣れてるけど一人旅が苦手な私が行きたいおすすめ海外一人旅!(長い!)

おすすめの国を地域別にまとめてみました。
主観と好みが強くなっているかもしれません。お許しください。

これから紹介する国は全て、女性や一人旅初心者の方にも安心して旅ができる様に
安全性の高い国を選んでいます。もちろん男性にもおすすめの場所です!

東南アジア

Bali/バリ

バリと聞くとハネムーンやカップル向け?と思っている方も多いと思いますが…
一人旅にも向いています!日々の疲れを癒すご褒美旅にいかがでしょうか?
東京、大阪からも直行便があり約7時間半ほどでいけちゃうバリはさらっと一人旅に最適な場所。

まずバリと言えばビーチ
海の見える素敵なヴィラやホテルに泊まってスパを楽しんだり、ただぼーっとしたり。
四つ星、五つ星ホテルもリーズナブルに泊まれるのが東南アジアの良さですよね。

海のアクティビティも楽しめるので男性一人旅にもおすすめ。
「バリに一人でサーフィンしに来ました。」なんて、かっこよくないですか?

バリは海だけじゃない!
バリの内陸、車で90分ほど行くとウブドという村があります。
そこにはライステラスと呼ばれる美しい田園風景が広がっています…
1日はウブドを訪れ森林浴もいいんじゃないでしょうか?

とにかくバリは島全体がパワースポット!たくさんの寺院や遺跡があり見所満載。
癒されるもよし、アクティブに動くもよし!一人バリ旅おすすめします!

中東

Jordan/ヨルダン

ヨルダンは中東・西アジアに位置し、サウジアラビア、シリア、イスラエルなどの国々と隣接しています。と言うと…めっちゃ危なさそう!
と思われるかもしれませんが、以外と治安は良く物価もお安目なので一人旅にも向いています。
友達に「中東に旅行行こうよ!」
って誘っても危険なイメージが先行して、だいたいは嫌がられるでしょう。
だからあえて一人で行きましょう。
そして自慢してやりましょう。こんな美しい風景を私は見てきたんだぞ。って…

世界遺産「ペトラ遺跡」「死海」「ジュラシュ」など見どころが満載!
魅惑的な建造物、壮大な自然と古い歴史に触れる中東の旅は人生の思い出に残るはず。

ペトラ遺跡はあの有名なインディージョーンズの舞台になった場所。
ペトラ遺跡の入場券は日本円にして約8000円!
ミッキーもハリーポッターもいないのにその値段なの?!
世界一高い入場料を払ってでも見る価値はあり。


死海
塩分濃度が高くてぷかぷか浮いてしまうあの死海です。見たことありますよね?
これヨルダンとイスラエルの国境辺りにあったんです。
海水の10倍もの塩分を含む湖。塩辛すぎて生物は生きられない死の湖…その名も死海。
でもどうやっても溺れないので死なないから大丈夫(笑)

雪が積もったような美しい光景の正体は全て塩。
神秘的な塩の世界が観れるのはここヨルダンだけ。

ヨーロッパ

全部!ヨーロッパはもう全部一人旅向き!

Reo調べるのめんどくさくなったやろ。と思わないで下さい!
細かく隅々まで調べ、出した結論が「ヨーロッパ全部。」です。

ヨーロッパ全体が…旅に向いている理由はユーロ圏内で自由に旅行がしやすい。
自然、歴史、大都市の絶妙な融合…
そして、なんていっても見所が多い!!
5泊あれば近隣の国を3つほど選んで旅してみるのはいかがですか?
すぐ隣の国なのに違う言語を話し、全く違った文化が味わえる。
島国で生まれ育った私達には不思議な体験ですよね。

Italia /イタリア

その中でも特におすすめなのがイタリア。

イタリアは地域によって気候や建物の雰囲気、また住む人の性格も異なってくるので、見所満載!イタリア1つをじっくり一人旅もいいかもしれません。

建造物や歴史、芸術を感じるなら北イタリア。
食事、暖かい雰囲気でリラックスバケーションを味わうなら南。という感じ…

この前シチリア島出身のお客様が

「イタリアの南の人は北の人よりユーモアがあってフレンドリーなんだよ〜
 僕みたいにねっ!(ウィンク☆)」

と言っていました。イタリア人男性は誰にでもウィンクする文化です。DNAに植えつけられています。女性の皆さん、彼らのウィンクにいちいち “きゅん”としないよう気をつけて下さい。

明るい国民性に触れるだけで癒される事間違いなし。

アメリカ

広いですよねアメリカって。
みんな大好きハワイは殿堂入りの一位として今回はおいておいて…

California / カリフォルニア州

私がおすすめする場所はカリフォルニア州。Theアメリカ!を感じれます。
カリフォルニアといえばロサンゼルス 、サンフランシスコ、サンタモニカ…
聞いた事ある名前ばっかりじゃないですか??

カリフォルニアがおすすめな理由は、とにかくカリフォルニアに行けば何でも出来る!


大自然を感じたい人はヨセミテ国立公園、ビーチに行きたい人はサンタモニカビーチ、あの有名なハリウッドサインもあるし、芸術が好きな人には西海岸最大の総合美術館カウンティ美術館で感性を磨く事もできます…


映画の舞台になった場所が沢山あるのでロケ地を巡る旅なんてのもおすすめ。
世界的にも有名な観光地なので、治安も比較的よく。一人旅をする女性も多いようです。

ディズニーランドやユニバーサルスタジオもあるので、誰かとまた一緒に来たい場所でもありますね。

自然も食事も人もハートも何もかもがBIGサイズ!アメリカに来たぞー!て気分を味わうには
ここカリフォルニアで間違いなし。

旅の約束

全て安全な国を選んでいますが、どこの国にも安全な場所、危険な場所があります。
危ない場所には行かない。夜人気の無い所に一人で出歩かない、
これは女性に限らず男性もです。

海外の一人旅は用心に用心を重ね、安全第一で素敵な一人旅を楽しんできて下さい。

一人で出かけるからこそ見える景色がある。
一人だから出会える人がいる…

このブログが一人旅の一歩を踏み出すきっかけになると嬉しいです☆

 

Reoでした。

 


全般ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Reo

シンガポール在住。普段は人を美しくする仕事をしています。でも自分が美しく健康でいる事、旅をする事、何よりも美味しいものを食べる事を最優先にして、ゆるく楽しい海外生活を送っています。 旅するランナーと呼ばれたいが為に、年に数回旅先でフルマラソンを走る。 走る事はそんなに好きじゃない旅するランナー。 ↓↓もっと詳しい話はWebSiteへ↓↓